地域連携応援プロジェクト概要

1.趣旨

平成23年度からはじまった「地域連携応援プロジェクト」は、教職員・学生が取り組む地域社会との連携を応援するもので、地域連携・社会貢献の芽を育てる事業です。

静岡大学は「地域社会とともに歩み、社会が直面する諸問題に真剣に取り組み、文化と科学の発信基地として、社会に貢献する」ことを使命としており、これまでも教職員・学生はさまざまな地域連携活動に携わってきましたが、それらの活動は必ずしも学内外の皆様には知られておらず、また活動に際して様々な困難を抱える実情がありました。

そうした問題に対処するため、当時の連携窓口であった地域連携協働センターは「地域連携活動を応援するプロジェクト」を企画し、「本学の学生・教職員が主体となり、地域の人々や団体、自治体等と協働で取り組んでいる、または新たに取り組もうとする地域活性化につながる活動」への支援を行うこととしました。平成23年度から継続的にプロジェクトを公募し、採択されたものには実施経費および広報における支援を行い、活動の成果を報告し、成果報告書の刊行を行っています。


※平成23年度からの応募・採択件数。

年度 応募件数 採択件数 学内他部局に付託(依頼先)
2012 18件 11件 3件 (学生支援センター)
2013 14件 12件 0件
2014 16件 13件 0件
2015 16件 11件 0件
2016 25件 15件 0件
2017 19件 13件 0件
2018 21件 14件 0件
2019 22件 15件 0件
2020 11件 11件 0件
2021 19件 15件 0件

採択プロジェクト一覧

2021年度
プロジェクト名 代表者 所属・職名
焼津浜通りと小泉八雲~服部家(帆屋)の利活用推進 小二田 誠二 人文社会科学部 教授
静岡県内の学校を支援し地域に発信する学習開発プロジェクト 河﨑 美保 教育学部 准教授
浜松市天竜地域の特産を活用した小学校理科教材の開発 郡司 賀透 教育学部 准教授
静大生による松崎町「ジオ・温泉クアツーリズム」の開発 中村 美智太郎 教育学部 准教授
伊豆の植物を楽しむプロジェクト 徳岡 徹 理学部 准教授
天竜浜名湖鉄道のオリジナルフォント制作による地域活性化事業 杉山 岳弘 情報学部 教授
浜松市と大学区との連携事業~大学生による講座~(小学生児童を対象とした理科工作教室) 立岡 浩一 工学部 教授
佐鳴湖プラットフォーム形成支援 戸田 三津夫 工学部 准教授
浜名湖のアマモ再生事業 笹浪 知宏 農学部 教授
静岡産柑橘類から採取した天然リモネンを主成分とするプラモデル用接着剤の開発 山田 雅章 農学部 教授
「居場所」のコロナ禍における変化から本当に大切なものを探る~地域外とのつながり方の違いに着目して~ 松本 和浩 農学部 准教授
静岡県袋井市における「FOL(Fukuroi Online Laboratory)」整備事業 永田 正樹 情報基盤センター 准教授
地域防災の担い手育成としての大学・高校・保育園の連携-「知識のリレー」によって地域貢献を実現するために- 上地 香杜 教職センター 特任助教
石ノ塔古墳から出土した石室石材の科学的調査 楠 賢司 技術部教育研究支援系 教育研究第二部門長
南アルプスの生物(いきもの)探索プロジェクト~高山帯の微小生物の探索~ 宮澤 俊義 技術部 技術職員
2020年度
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度

進捗

成果報告書