お知らせ

2013年10月09日

しずだい飛ぶ教室in美和「源氏物語と楊貴妃」を開催しました!

飛ぶ教室in美和

飛ぶ教室in美和

10月9日、静岡市北部生涯学習センター美和分館(アカデ美和)に協力し、「しずだい飛ぶ教室in美和」を行いました。

今回の講座は、「〜秋の夜長に〜日本文学リレー講座」の第1回に位置づけられた講座で、静岡大学人文社会科学部准教授・袴田光康先生が「源氏物語と楊貴妃」をテーマに講演されました。
『源氏物語』は、平安時代の国風文化を代表する古典として教科書などでも知られていますが、実は作者の紫式部は、中国の古典にも通じていて、中国古典を下敷きに物語を描いたとも言われています。その代表が白楽天の「長恨歌」です。

講演では、「源氏物語」と「長恨歌」の原文にあたり、映像資料を用いながら、「長恨歌」に描かれた玄宗皇帝と楊貴妃の悲恋が、『源氏物語』にどのような影響を与え、『源氏物語』の主題としてどのように展開されていったかを検討しました。
会場では、夜間にもかかわらず約30名が参加され、熱心に聴講されていました。
講師派遣や企画のご相談がありましたら、静岡大学イノベーション社会連携推進機構までお問い合わせください。

■講師:袴田光康(静岡大学人文社会科学部准教授)
■主催:静岡市北部生涯学習センター美和分館・静岡大学イノベーション社会連携推進機構