沿革

地域連携生涯学習部門は、2012年4月にイノベーション社会連携推進機構が設立された際、旧生涯学習教育研究センターと旧地域連携協働センターが統合して誕生しました。

生涯学習教育研究センターの沿革

1997年4月 生涯学習教育研究センターが本学共通教育A棟3階・5階に置かれる。
初代センター長に人文学部・原秀三郎教授が就任。
1997年11月 生涯学習教育研究センター専任教官に柴垣勇夫教授発令。
1997年12月 生涯学習教育研究センター専任教官に阿部耕也助教授発令。
1998年2月 生涯学習教育研究センター開設記念シンポジウム「大学開放と生涯学習」を開催。
1998年3月 ニュースレター『地域と大学』発行開始。
研究紀要『静岡大学生涯学習教育研究』刊行開始。
1998年4月 第2代センター長に教育学部・岡田嚴太郎教授が就任。
1998年11月 改築により理学部B棟1階に移転・開館。
1999年11月 開学50周年公開シンポジウム「大学と地域の豊かな共生を目指して〜静岡大学21世紀を生きる〜」を開催。
2000年4月 第3代センター長に農学部・滝欽二教授が就任。
2002年3月 『静岡大学生涯学習教育研究センター設立5周年事業報告書』を刊行。
2004年4月 第4代センター長に人文学部・松田純教授が就任。
2004年6月 開学55周年記念公開シンポジウム「21世紀新しい知を目指して」を開催。
『静岡大学による市民向け講座等の社会貢献活動報告』を刊行。
2005年4月 第5代センター長に生涯学習教育研究センター・柴垣勇夫教授が就任。
市民開放授業を開設。
2007年3月 柴垣勇夫教授が定年退職。
2007年4月 第6代センター長に人文学部・山本義彦教授が就任。
専任教員に金子 淳准教授発令。
2009年3月 『公開講座ブックレット』刊行開始。
2009年4月 第7代センター長に生涯学習教育研究センター・阿部耕也教授が就任。
2009年5月 開学60周年記念公開シンポジウム「静岡大学の足跡と未来への足音」を開催。

地域連携協働センターの沿革

2008年4月 生涯学習教育研究センター、キャンパスミュージアム、地域社会文化研究ネットワークセンター、防災総合センター、高柳記念未来技術創造館から構成される地域連携協働センターが設立。
初代センター長に満井義政理事が就任。
2008年9月 土居英二氏が特任教授に就任。
2010年4月 第2代センター長に柳澤 正理事が就任。
2010年5月 満井義政氏が特任教授に就任。
2010年9月 ニュースレター『地域とともに』発行開始。
2011年5月 地域連携応援プロジェクトを開始。

地域連携生涯学習部門の沿革

2012年4月 イノベーション社会連携推進機構の設立に伴い、生涯学習教育研究センターと地域連携協働センターが統合して地域連携生涯学習部門に改組。
初代機構長に柳澤 正理事、初代部門長に阿部耕也教授が就任。
2013年4月 第2代機構長に木村 雅和副学長が就任。
機構概要 規則 構成員 沿革 交通案内