イベント

2016年 12月 27日 地域課題に関連する活動

「地域課題解決支援プロジェクト公開シンポジウム」を開催しました

進捗詳細


パネルディスカッションの様子


 平成25年度から地域の様々な課題を公募し、その解決支援を試みる静岡大学の「地域課題解決支援プロジェクト」が立ち上がり、県内各地で活動を展開しています。今年度は学生を地域に継続的に受け入れていただく第2期公募が行われ、多くの自治体・NPOから応募があり、第1期・第2期あわせて41件の課題が提案されています。

 地域課題に関する公開シンポジウムをこれまで伊豆・賀茂地区の松崎町、東伊豆町にて開催してきましたが、今回は、三保の松原、、松崎町、東伊豆町、静大フューチャーセンターなどこれまでのプロジェクトの地域・大学双方の関係者がキャンパスに集い、それぞれの取り組みを報告しながら、地域と大学が連携・協働することによってどのような成果を生み、学びの環(わ)ができているかを探りました。

 地域創造学環をはじめとした学生、教職員、課題提案地域の方々を中心に約80名が参加し、パネルディスカッションでは、地域との連携・協働を考える学生たちから多くの質問がされ、パネリストとなった各地域の課題提案者・支援者と活発な議論が行われました。

 当日は、松崎町の交流拠点「ふれあいとうふや」とキャンパス会場をテレビ会議システムで結び、松崎町でまちづくりに取り組む地域リーダーの方々との交流も行われました。